手の痛みをお灸で治す

手の痛みが生じる時

手の痛みを感じてしまう時には、複数の原因が考えられます。

例えば、手を使い過ぎた時です。

ピアノなどの音楽楽器をよく演奏する機会の多い方でしたら、手に痛みを持ちやすいと言えます。

手を使い過ぎる事で、手が炎症を起こしてしまうのです。

手の使い過ぎで痛みが生じてしまった時には、まずは安静にする事が大切です。

安静にして、手を休ませる事。

それでも症状が改善されない場合には、別の方法を試してみる必要があるでしょう。

手の痛みにお灸が効く

手の痛みには、お灸が効くって、ご存知でしか?

手の痛みが生じた時、手を使わずに、休めておくだけでも改善していく事があります。

しかし、もしも手を使わないように安静にしていても、症状が改善されない場合、お灸による治療を受けてみるといいでしょう。

手の痛みには、お灸が効くと言われています。

手の痛みを緩和させるために、お灸治療に通っている方は、結構多いものです。

手には、痛みによく効く、「ツボ」というものが存在しています。

そのツボを刺激したり、温めたりする事で、かなりの改善が望めるのです。

お灸治療を受けると、手のツボの位置を温め、痛みを改善してくれます。

お灸を受けてはいけない時

手に痛みがあるなら、いつでもお灸を受けていいわけではありません。

手の痛みを緩和させてくれるお灸治療でも、受けない方がいい手の痛みの時もあるのです。

例えば、手が全く動かせない時や、痛みがかなり激しい時。

また、安静にしていてもズキズキと痛む場合には、お灸を受ける事で、更に症状が悪化してしまう事があるので、気を付けましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP