その痛み、パソコンによる手の疲れかも?

手の痛みの原因

手の痛みの原因で多いのが、「手の使い過ぎ」によるものです。

例えば、楽器の使い過ぎによる手の痛みや、調理現場で働いているシェフの方も、包丁などの使い過ぎによって、手を痛めてしまう事が多いです。

運動選手が、筋肉を使い過ぎて、筋肉痛になるように、手も、使い過ぎる事で、手痛を起こしてしまうのです。

手痛とパソコンの関係

場合によりますと、手痛の原因は、「パソコン業務」である可能性も非常に高いです。

最近は、パソコンで作業をする方が多くなってきました。

会社で事務作業をやっている人や、病院で医療事務を行っている方も、データの管理は全てパソコンに任せています。そのため、パソコンはとても重要なもので、現代社会において、必要不可欠な媒体となっています。

データ管理もそうですし、インターネット検索もパソコンでやっていきますし、メール交換も、パソコンで行う事ができます。また、キーボードを使った打ち込み作業も、パソコン業務の定番です。

キーボードに触っている機会が多かったり、打ち込み作業が多いと、それだけ手を使う事となります。

パソコン操作をする機会が多ければ多い程、手に負担がかかってきます。

パソコンは、とてもよく手を使う作業だからです。

パソコンによる手の痛みの解消

パソコンをよく使う方は、手を痛めやすいです。

キーボードを打つ作業が多くなると、どうしても手に負荷がかかってしまいますので、とても痛んでしますのです。

パソコンを仕事で使う方は、パソコンを使わないようにする事はできません。

そのため、手が痛くなっても、パソコンを使わないで休めておくわけにはいかないので、手を安静にしておく事は難しいです。しかし、パソコン業務の合間に、手をマッサージしたり、手首をマッサージする事は可能なのではないでしょうか。

少なくとも、毎日、入浴中に手をよくマッサージしてみて下さい。一日の終わりには、必ず手や手首をよく揉み解すようにしましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP