手の指がこわばり、痛みがある場合

手の違和感について

皆さんは、手の指にこわばりを感じたらり、痛みを感じた事はありますか?

このような手の症状を患うのは、40~60代の方が非常に多いのです。

この症状が表れてしまう原因には、いくつか挙げられます。

もしも、朝に手のこわばりを感じるようであれば、関節リウマチの可能性が非常に高いです。

関節リウマチの場合、診断するのにも、判断基準があります。

手のこわばりがあるからといって、リウマチになるとは限りません。

変形性関節症の方でも、朝、手のこわばりを感じる事があります。

また、膠原病の方でも、手がこわばってしまうという症状が出ます。

妊娠などをきっかけで、ホルモンバランスが崩れた時にも、手がこわばります。

この時、同時に手がむくむという事もあります。

手や腕の痛みって、ふとした瞬間になったりして、しばらくすると自然に治ったりする場合もあります。でも、実は骨折などが原因ったったなんてこともあるので私は何かあると鹿児島 整体へ相談しています。

手は体の部位の中でも、足と同様に常に使う場所でもあります。痛みがひどかっったり、指を曲げることができないと、物を思うようにつかんだり、動かしたりがつらいという状態は、日常生活において支障が出るほか、ストレスにもなります。

また、他にも別の病気が隠れている場合もあるので、なかなか治らない痛みには注意が必要ですし早めに対処した方が安心です。青葉台 整体の先生に聞いたのは、手の指を曲げると痛くてつらかったり、関節が腫れたりするなどの指の痛みは、女性で更年期を過ぎている場合や、指を使う作業を長年していた場合に起こることが多いそうです。

原因がはっきりしない症状

手に違和感を感じる時でも、原因が何なのか、判別できない事があります。

原因になるような病気が特にないのにも関わらず、手がこわばる事があります。

朝だけこわばってしまう場合もありますし、手を静止させていると、こわばってしまう場合もあります。

この場合は、朝に限らず、昼間でも手を動かさないでいると、動かそうとしてこわばってしまいます。

考えられる原因

原因が特定できない症状の時もありますよね。

そのような時、考えられるのは、首の歪みや手の関節や腱の問題や、女性ホルモンの乱れまたは更年期障害によるストレスが原因である場合があります。

また、奈良 整体でも骨粗鬆症(こつそしょうしょう)といって、痛みがなく気づかない患者さんもいます。ですが、ちょっとした動作で背骨を骨折したり、転んで手をついた際に手首や腿の付け根などを骨折しやすいこともあります。骨折してしまうと、そこの場所が痛くなって動けずつらい症状となります。

背骨がだんだんにつぶれていくと、背中が丸くなってきたり、腰が曲がってしまい、歩きにくくなりますので、早めの診療をお勧めしています。

コメントを残す




Menu

TOP